読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひもダイバー

年上のお姉さんとダイビングが大好きです。

バーテンダーとして1週間働いて見た。

千葉のバー働き始めて、1週間経ちました。

 

正直、覚える事やできひんことが多すぎて潰れそうです。

 

けど、この潰れそうな感じってダイビングのプロの資格取ろうとした時の合宿の時や、料理した事ないのに居酒屋のキッチンで働き始めた時に感じた痛みとにてるんよね。

 

身長伸ばす時になる成長痛的な。

 

 

田舎フリーランス養成講座の時にお世話になった人に紹介して頂いた方に、

東京に惹かれて出てきたのに、なんで千葉でバーテンダーやってんねやろって感じてた所を突かれた。

本当にやりたいことは別にあるとも。

 今お金が無いからこれしかないって固まってるとも。

 

ここでいきなり千葉のバーを辞めて、

親に金借りて東京で住んでバー探す事もできる。

その方が成長のスピードは速いと思う。

 

将来ダイビングとバーで店開きたいなら、バーの技術はいらん。

 

 

 

東京に惹かれた所はなんや?

 

 

別に芸能関係者と知り合いたい訳でもなく、バーテンダーとしての技術を高めたい訳でもない。

 

人に会いたい。

人に会って成し遂げたい夢がある訳ではない。

 

ただ、東京におらんでもインターネットがあれば大体の人とは繋がれる。

 

でも、人に直接会いに行くことに意味があると思うねんな。

 

で、大体面白い事してる人は東京に集まってる。

 

そもそもバーテンダーもダイビングも自分の中では遊び。

遊びを極めたら見えて来る景色があってそれが仕事になる事もわかる。

 

遊び以外に何ができるか試して見たい。

 

この行動が今しんどいから逃げの行動なのかも知れへん。

次働くところも決まってないし。

 

でも、東京で働こうって決めた時わくわくしてんよね。

 

このわくわくを信じて進んでみよう思います。